過去の記事一覧

  • もし大きな地震に見舞われたら、観光地のホテルや旅館はどう見られる?

    国内の観光客は年々増加傾向にあるようですが、それとは裏腹に、利用客が減少している旅館・ホテルがあるようです。 とても不可解なのは、耐震診断や耐震補強・工事を実施済みで、「問題ない」という評価を受けていたとしても、それだけでは旅行客が戻ってこないということ。 旅行者、観…

  • 先人たちが苦労して手に入れた建物への愛着 vs 耐震補強の必要

    店子(たなこ)が入居している建物が地震等で何かあった際、建物の所有者には責任が問われることもあるかもしれません。オーナーとしてはとても気になる問題です。 組合が出来て間もなくの頃に建てられたという「渋谷たばこ商業協同組合」のビルは、まさにそのような不安を抱えた建物でした。 …

  • 赤羽で見捨てられたビルが生まれ変わり、人が集まってる!

    誰もが見捨てたビル。救ったのは想い出だった! 「こんなビル、もう価値はないよ」 東京都北区赤羽に建つ築50年になる元・美容院ビル。70年代にはいくつもの支店を有するほど繁盛し、当時としてはモダンな外観が粋な存在だったとはいえ、高齢になった所有者が閉業してから廃墟と…

  • ご存知ですか? 9月1日は防災訓練で交通規制があります

    毎年9月1日には、交通規制があります。 警視庁のホームページにて公表されている通り、「大震災の発生を想定し都内81区間で交通規制を実施」されるようです。 車両流入規制訓練、緊急交通路等確保訓練、緊急自動車専用路確保訓練、車両流入抑制訓練、信号機滅灯時対応訓練な…

  • 地方の市町村で耐震化が進まない理由

    日経アーキテクチャー誌2016年8月25日号に掲載された「遅れ目立つ自治体庁舎の耐震化」という記事は、急務となっている庁舎の耐震化に対して財政負担と優先順位による「後回し」という実態について指摘しています。 熊本地震では5市町で本庁舎が使用不能に陥り、行政サービス低下や混乱…

  • レジリエンス認証制度が始まります

    国内における新たな認証制度が始まります。 政府の内閣官房国土強靭化推進室では、国土強靱化の趣旨に賛同し、事業継続に関する取組を積極的に行っている事業者を「国土強靱化貢献団体」として認証する制度を創設するため、平成28年2月「国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドライン」を制定し…

  • 建築学部以外の大学生に「耐震」について聞いてみた

    建築の世界で働き、耐震について学んでいく中で、もしこの建築の世界に入っていなかったら「耐震」という言葉にどんな印象やイメージを抱いていたのだろうかと気になりました。 そこで、同世代の人たちに調査を実施。 「耐震」という言葉から得られるイメージは? …

  • 気になったので関東の行政機関の耐震化率をランキングにしてみた

    熊本で生じた大地震によって浮き彫りとなった、庁舎や病院、学校など防災拠点となりうる建物における耐震性。 こうした建物が耐震化の遅れによって事態に対処できなかったという事実が報道され、関東でも懸念されている大地震に備え、各庁舎や公共施設の耐震化率がどれほどのものかと気になりま…

  • 当たり前だと気付かない、とキンチョーから学ぶ

    週末に久々にラジオをつけて聞いてみると、蚊取り線香でおなじみのKINCHO(きんちょう)のCMがふと耳に留まりました。 虫コナーズってありますでしょ? …毎年使ってたんですけど、ある日、ふと思ったんですよ。これ効いてるか効いてないか分かれへんなぁと… と、男性がもう1…

ページ上部へ戻る