過去の記事一覧

  • 建物をよみがえらせる「レトロフィット」 地方創生の鍵?

    2014年より掲げられた「東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした一連の政策」である『地方創生』において、各自治体や民間企業による様々な取り組みが全国的に進められています。 まちの「賑わい」と自立した新しい経済サイクルと雇用…

  • リノベーションが生み出す3つの価値とは

    世界では「建物の再利用」という分野に注目が集まっています。 建物をリフォーム・改修するという観点では日本もそれなりの事例があるようですが、世界では過去に使われていた巨大施設などの建物を、全く別の目的のための建物として再利用するために生まれ変わらせ、大成功を収めている事業者が…

  • 観光者の目線で知るホテル・旅館の耐震補強工事

    増加傾向にある国内旅行の需要。観光庁のデータでは平成27年度7月~9月の日本人旅行者数は宿泊旅行客だけでも1億915万人で前年同期比13.4%増と素晴らしい数字を出している。もちろんこれに伴って国内旅行に使用された消費額も6.5兆円、前年同期比14.8%増と消費額も伸ばしている。…

  • 先人たちが苦労して手に入れた建物への愛着 vs 耐震補強の必要

    店子(たなこ)が入居している建物が地震等で何かあった際、建物の所有者には責任が問われることもあるかもしれません。オーナーとしてはとても気になる問題です。 組合が出来て間もなくの頃に建てられたという「渋谷たばこ商業協同組合」のビルは、まさにそのような不安を抱えた建物でした。 …

  • 赤羽で見捨てられたビルが生まれ変わり、人が集まってる!

    誰もが見捨てたビル。救ったのは想い出だった! 「こんなビル、もう価値はないよ」 東京都北区赤羽に建つ築50年になる元・美容院ビル。70年代にはいくつもの支店を有するほど繁盛し、当時としてはモダンな外観が粋な存在だったとはいえ、高齢になった所有者が閉業してから廃墟と…

  • ご存知ですか? 9月1日は防災訓練で交通規制があります

    毎年9月1日には、交通規制があります。 警視庁のホームページにて公表されている通り、「大震災の発生を想定し都内81区間で交通規制を実施」されるようです。 車両流入規制訓練、緊急交通路等確保訓練、緊急自動車専用路確保訓練、車両流入抑制訓練、信号機滅灯時対応訓練な…

  • 地方の市町村で耐震化が進まない理由

    日経アーキテクチャー誌2016年8月25日号に掲載された「遅れ目立つ自治体庁舎の耐震化」という記事は、急務となっている庁舎の耐震化に対して財政負担と優先順位による「後回し」という実態について指摘しています。 熊本地震では5市町で本庁舎が使用不能に陥り、行政サービス低下や混乱…

  • 緊急時の安全輸送と避難経路を守れ!

    東京から始まった、緊急輸送道路における耐震診断・耐震補強設計・耐震補強工事の強化推進策 平成23年3月18日、東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例(東京都条例第36号)及び同条例施行規則(東京都規則第22号)が公布されました。 目的は …

  • 要望に合った建物改修提案が出てこないのはなぜ…?

    「改修・修繕」へのハードル 安全性・意匠性・耐震性が整うことによって建物の利用者は増加し、その利用価値は高まります。しかしながら、 建物の改修・修繕・補強が必要なことはわかっている。しかし、コストも掛かるし、建物の利用者たちに迷惑をかけることもできない。何から手を付ければ…

ページ上部へ戻る