コラム

  • 娯楽施設閉鎖後、どんな跡地活用が考えられるの?

    法律が変わったことによって閉鎖が増えると言われているパチンコ業界。 2017年に入ってから閉店してしまったパチンコ店が増え、そのようにして空いてしまった娯楽施設は駐車場の広さや建物の大きさといった観点から再利用について様々な業種からも注目されているそうです。 参考:【…

  • 古い木造住宅、1階と2階では大震災時にどちらが安全だった?

    近年、耐震補強について興味関心を持つ人々が増えてきているようです。 これは、今後起きるかもしれない巨大地震による被害を減らす事に繋がるという意味で良いことですね。 さて、そんな大地震による住宅被害ですが、ふとこんな事を思う事はないでしょうか。 2階建ての古い木造…

  • 20〜30代に「リノベーション」の意味を尋ねてみたら答えが意外だった

    ここ最近、よく世間でも目や耳にする機会が多くなってきた「リノベーション」というワード。 建築業界で生きている者にとっては日常的に使うこの言葉が、一般の、特に20〜30代の住宅購入世代の間でどれぐらいの認知度があるのか気になりました。 そこで今回、筆者の知人数十名に質問…

  • マンションの時代遅れな設備、今でも採用されるのはなぜ?

    現在の環境や人々の需要にあわせて日々、リフォームなどを通じて変化するマンション環境。より住みやすい空間を提供するために業者や世帯主が払う努力も活発化している気がします。 とは言うものの、「うわっ、これ古いなぁ」と如実に感じてしまう「時代遅れな設備」が、様々な理由からそのまま…

  • 耐震に関する補助金ってこんなにある!

    耐震補強に取り組むことってなかなか難しいですよね。お金も掛かるし、何から取り組めば良いか悩みますし…。 日本で生じている大きな地震の発生をきっかけに、耐震基準に関する法律も改定されるなどの社会対応が見られ、建物の耐震についての関心は高まりつつあるものの、意外と知られていない…

  • なぜ「空き家」は空き家のままになってしまうのか?

    空き家の増加が年々、メディアで取り上げられる回数が増えているように思います。 今や国内の空き家の数は7軒に1軒の割合になっているとされ、その理由には高齢化社会に伴う人口の減少なども挙げられていますが、一方で新築住宅や新築マンションも建てられ、空き家はますます増加しているよう…

  • 東京における耐震診断が未実施の建物が「さらに」公表!

    2015年8月31日、東京都耐震ポータルサイトによると、東京における緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例(条例第12条第1項第1号)に基づき、159件もの建物が名指しで公表されました。 根拠となるのは条例第12条第1項第1号の「耐震診断実施義務の最終期限日(平成27…

  • もし大きな地震に見舞われたら、観光地のホテルや旅館はどう見られる?

    国内の観光客は年々増加傾向にあるようですが、それとは裏腹に、利用客が減少している旅館・ホテルがあるようです。 とても不可解なのは、耐震診断や耐震補強・工事を実施済みで、「問題ない」という評価を受けていたとしても、それだけでは旅行客が戻ってこないということ。 旅行者、観…

  • ご存知ですか? 9月1日は防災訓練で交通規制があります

    毎年9月1日には、交通規制があります。 警視庁のホームページにて公表されている通り、「大震災の発生を想定し都内81区間で交通規制を実施」されるようです。 車両流入規制訓練、緊急交通路等確保訓練、緊急自動車専用路確保訓練、車両流入抑制訓練、信号機滅灯時対応訓練な…

ページ上部へ戻る