2016年 4月

  • 18歳の僕が感じた、倒壊危機の病院でも救われる日本の凄さ

    熊本で発生した大地震により、多くの病院が倒壊危機に面して使用不可能になったという報道があったようです。 そもそも日本の建物の多くは、未だに今回の大きさの地震に持ちこたえるのは難しいとされる「旧耐震基準」で建設されたままのものが少なくなく、早急に耐震診断を実施して補強工事を行…

  • 遠い地で大地震が。離れていても人命救助に携われるSNSの凄さ

    つい先日、九州地方で大きな地震がありました。死傷者についても報道され、各地で多くの方が心を痛めています。 東日本大震災を経験した方々の一部では、被災時に役立ったものとして「インターネットを活用した救助の手法」を挙げています。被災地において、電話がつながらないという人たちが自…

  • 地震でペチャンコになったビルのフロアで生存できたワケ

    大型地震が発生し、都会のビルの中間階がペチャンコになったように潰れた映像や写真、見たことありませんか? これ、「層崩壊」と呼ぶのだそうです。 もしそこに人がいたら、果たして生存できるのだろうか…、帰還できるのだろうかと気持ちが穏やかではないと思うものですが、専門家によ…

  • 営業マン。応援されるに値するよね

    いつも通勤している風景も毎年4月になるとガラッと変わり、新入生らしい子どもたちや新社会人の「笑顔の花」であふれているように感じます。 これも現代の日本風景でしょうか…? ぎこちないスーツ姿や緊張で不安な面持ち、満員電車の戸惑い…。そんな風景を眺めながら「くすっ」と口元…

ページ上部へ戻る